2008-45

NO.281 神速

ナ「まずはシュートを病院に〜」
 あ、シュート助かるみたいですね。
 冨樫先生は必要とあらばキャラクターを殺す事もありますが
 だからといって無意味に殺すつもりは無いようです。

ユ「別方向〜」
 ユピーの興味はキルアの攻撃に向いてますね。
 ナックルの攻撃をオーラの「貸付」であることには気づいてない様子。

ユ「あれ程の電撃を(おそらく)真上から」
 頭の中のセリフでカッコ書きは不自然です。

キ「ただの八つ当たりだから」
 これから八つ当たりで攻撃されるユピーですがどうなんでしょう
 ナックルのオーラの貸付でオーラ総量は増えてる筈ですが
 つまりPOPが増えてるだけでAOPとは無関係、
 纏うオーラに変化はないのでダメージは通常通り
 故に、まあどうでもいい考察だった、という結論ですね
 …POPとか久々に使った気がします。使い方を間違ってなければいいのですが笑

雷光石火と疾風迅雷
 ダーツのオロソ兄妹の時使った技が原形になってます。
 ですから予想を大きく逸脱する技ではなかったです。

ユ「どいつもこいつも確実にオレの十分の一以下」
 格闘ゲームとかでは良くある不自然ですね
 ベジータに勝つクリリンとか
 今回のユピーのセリフがHUNTER×HUNTERを面白くしている要因の一つだと思います。
 オーラってやつは深い

キルアの消耗
 割と短時間でした。
 【落雷】に使用したときのもの、常時放電するものもありますので
 長持ちするものではないですね。
 充電が無制限にできてもオーラと融合することで使える技なので
 充電量のマックスはMOPとイコールということになりますね
 …MOPも久々に(以下略)

消えたシュート
 あの傷ですからシュートが自らの足で動いたとは考えづらいですね。
 第三者によって移動させられたのでしょう。
 見方による”保護”か敵による”誘拐”
 私はプフじゃないかと予想してます。
 直後の解釈によってはあっさり否定できますが

モラウの葛藤
 正解は時間稼ぎのダミーでしょうね。
 モラウの考察に読者は全くハラハラしませんね。
 「迷うのは貴方が優秀だからです〜」
 プフにとって相手が優秀であることは警戒する必要のないことでした。
 目的は脱出なわけですから。
 モラウはプフの考えを完全に誤解してました。
 ところでこのときのプフの絵ですが
 これは脱出した直後ということでしょうか?
 それともとっくに脱出していてこの絵はモラウを嘲笑うイメージということでしょうか?
気になる終わり方です
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット